スタバノマドはサバイバル

一席お付き合いを。喜餅です。

「固定費のかかる事務所賃借なんて古い古い!時代はノマドだぜ!」なんて台詞自体、古いのかな?まぁ、そんなアタクシも、Wi-Fiルーター持って、何かあったらノートPC開いて出先でワラワラと仕事する訳です。

・・・で、なんというんだろう、田舎者のアタクシからするとね、「ノマドらしい生活」に関する一定の(勝手に想像する)型のようなものがある訳よ。使ってるスマホはiPhoneで、PCはiMac、スタバでマイタンブラーを出して颯爽と仕事する訳ですわ。何事も、形から入るのは、全然悪いことじゃないのよね。守破離なんて言葉もあるし。

で、今回、アタクシ、この原稿、そんな田舎者が考える典型的なノマド生活の状態で、書いております。ただ、スマホはアンドロイド、PCはウィンドウズ、マイタンブラーなど持っていない、いわゆる「にわか」ですが。

理想と現実は、かくも違うものかと、思い知らされるのも、また形から入る場合に学ぶ事柄の一つだったり。まずね、なんでかな・・・スタバ、寒すぎません?なんで?なんでこんなに寒いの?アタクシ、最近でこそ冷房が嫌いになりつつあるけど、基本暑がりなんですよ。そんなアタクシがガクガク震えながらPCの画面見ながらキーボード叩いてる訳ですよ。ありえない。

ふと周囲を見回すと、他のノマドな先輩達は、特に困った表情を見せずにキーボードをカタカタ叩いたり、タブレットを見てたり。女性などは男性よりも冷え症になりやすいというか、冷房が苦手なはずなのに、まだまだスカートからニョキッと出る足なんかも、夏仕様の方もいらっしゃる。

これは・・・あれか?アタクシがノマドとして修行が足りないのか?ノマドって遊牧民だから、砂漠とか平原は夜、寒いよね?そういう寒さとかに耐えることができる能力も含めて、ノマドなのかっ?!はたまた・・・ノマドな方々は、単純に面の皮が厚いのかっ?!ひょっとして、ノマド用の防寒ローション的なものがあって、皆それを体に塗ってこの極寒の空間にいるのかっ?!攻殻機動隊の少佐が、なんか串かつのソースみたいなプールに入れられて体に塗膜されるけど、あんな感じの塗膜防寒みたいなの、あるのか?

とてもじゃないけどこれ以上の長居はできない。これ以上の滞在は体に変調をきたす・・・ということで、スタバを出ることに。

「すみませんが冷房弱めてもらえませんか?」という一言が言えず・・・そういった面の皮もまだまだ薄いなぁと感じた瞬間だったのでした。

ヒートテック考えた日本、次は塗膜防寒、考えてくれないかな。

おあとがよろしいようで。

Advertisements

About HoneyPotter

a Japanese/an English learner/a computer game player/a volunteer guide/an English rakugo performer (my stage name: 喜餅/Kimochi)
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s