Author Archives: HoneyPotter

About HoneyPotter

a Japanese/an English learner/a computer game player/a volunteer guide/an English rakugo performer (my stage name: 喜餅/Kimochi)

新型コロナウイルスが奪ったもの・もたらしたもの

一席お付き合いを。喜餅です。 「2020年 新年の抱負」の記事以来、久々のブログ記事。 いやはや・・・なんとも波乱の一年ですな。 既に6月、一年の半分が終わろうとする中で、現在の喜餅、どんな状況か、書いてみようかな。 2020年1月、結構順調な雰囲気でスタートしたのだよね。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

2020年 新年の抱負

一席お付き合いを。喜餅です。 2020年、見た目(字面)バランスが良い一年が始まったねぇ~。 昨日(大晦日)に「芝浜」で英語落語納め。今年はもう、事務作業で仕事始め(笑) さてさて、今年もブログで新年の抱負を語ろうと思う。今年は具体的目標・抽象的目標を分けずに、スローガン的な感じにしてそこから広げてみようと思う。 しかも「この1年間」という区切りも取っ払った目標も設定してしまった(笑)さて、どんな形になったかな?

Posted in Uncategorized | Leave a comment

2019年 棚卸し

2019年 棚卸し 一席お付き合いを。喜餅です。 このブログ、久しく更新してなかった!久しぶりの更新が一年の棚卸しになるとは(苦笑)。 もう恒例となった「年初の抱負をチェックする」記事でございます(笑)

Posted in Uncategorized | Leave a comment

だから腑に落ちなかったのか?!出羽守(+意識高い系)

一席お付き合いを。喜餅です。 今回は、出羽守(+意識高い系)の発言は、そこに秘められたるブーメランが故に、ストンと腑に落ちにくいという話をば。 って、出羽守って、なんじゃらほい?って方のために・・・。山形県や秋田県周辺の国司の話じゃないよ?

Posted in Uncategorized | Leave a comment

新たな肩書き(?)は、人生初の造語で。

一席お付き合いを。喜餅です。 今回は、(既出かもしれないけど、今のところ検索しても出てこないからいいかな)人生ではじめて(?)と言っていいぐらいの経験・・・。 アタクシ自身の肩書きが一つ増えて、それが造語だという話題。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

物語(人生)を売るのに・・・取り分への不満とか、ガッカリ

一席お付き合いを。喜餅です。 本来ならば、国際情勢や内政のことで盛り上がるのが健全かもだけど、ここは一つ、芸人(?)らしく斜に構えて。吉本興業さんの反社会的組織との付き合い・闇営業・芸人さんとの報酬取り分について、ワイドショーで盛り上がってるよねぇ。 それについて、ひとつ。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

スピーチコンテスト運営の未来予想図

一席お付き合いを。喜餅です。 若干の燃え尽き症候群のような状態で、ふわーとしていた・・・というと大袈裟だけど。 ディヴィジョンFスピーチコンテストについて、少し。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

1,500名の皆さん、本当にありがとうございます!

一席お付き合いを。喜餅です。 いやはやいやはや・・・ 色んなジャンルで複数の納期抱えてて。でも、なんとか、なんとか、ヤマを越えた! まだ別の案件、沢山あるけど、まずはホッと一息・・・は、つけないか(笑) 今回の記事は、別の「ヤマ」を一つ、越えたことについて。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

触れたくない話題だから、一番最初に片付けたい

一席お付き合いを。喜餅です。 ありがたいことに、色々なところから英語落語・ワークショップ・セミナーのご依頼を頂戴してて。 本当に、ありがたいこと。 今回は、それにまつわる話、とりわけ、お金、に関する話をば。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

記号じゃなくなる瞬間 ~ニンゲンを感じる~

一席お付き合いを。喜餅です。 高熱と戦ったあとに、空気が熱を持ってる国・フィリピンへ行ってきて、帰国した喜餅です。 今回は、単なる記号から「ニンゲン」に変化する瞬間について。 昨年からずっと「アタクシには、泥臭い、人間臭い要素が足りない」と悩んでいて。同時に「そんなこと言われたってわかんねーよ!」という反発(という名の苦しみ)を抱えていて。

Posted in Uncategorized | Leave a comment